不妊治療費助成

2016年4月1日

一般不妊治療費助成

一般不妊治療を受けた夫婦に対し、治療費の一部を助成します。

対象者 夫婦のいずれかが田野畑村民であり、医療機関において不妊症もしくは不育症と診断され、治療の必要があると診断されている人
助成内容 医療保険適用内及び適用外の不妊治療及び不育治療1年度(4月~翌3月診療分)当り5万円を限度として支給
所得制限 なし
申請方法 1年度ごとに申請(治療を行った翌年度4月以降に申請して下さい) 
申請時に必要なもの
  1. 田野畑村一般不妊治療費助成交付申請書
    ダウンロードできます
  2. 田野畑村一般不妊治療費医療機関受診等証明書(医療機関にて証明)
    ダウンロードできます
  3. 申請しようとする治療に係る医療機関の発行した領収書
  4. 住民票(世帯全員分)
  5. 通帳(助成対象者名義) 
  6. 印鑑
その他 助成期間の限度はありません。第2子以降の治療も対象となります。

 
特定不妊治療費助成

医療保険が適用されない特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた
夫婦に対し、治療費の一部を助成します。

対象者 夫婦のいずれかが特定不妊治療を開始した日以前から田野畑村民であり、岩手県の特定不妊治療費助成事業による助成を受けた人
助成内容 初回の治療は15万円、2回目以降の治療は30万円を限度として助成
男性不妊治療は30万円を限度として助成
所得制限 なし
申請方法  県助成事業による助成の通知を受けた日から1ヶ月以内に申請
申請時に必要なもの
  1. 田野畑村特定不妊治療費助成金交付申請書
    ダウンロードできます
  2. 岩手県が交付した決定通知書及び指令書
  3. 指定医療機関が発行した領収書
  4. 住民票(世帯全員分)
  5. 通帳(助成対象者名義)
  6. 印鑑
その他 特になし

 

男性不妊治療費助成

岩手県では、医療保険が適用されない男性不妊治療(TESE、MESA)を
受けた夫婦に対し、治療費の一部を助成します。

対象者

法律上の婚姻関係にある夫婦で、以下の条件をすべて満たしている方

  1. 夫婦又はいずれか一方が県内に居住していること
  2. 妊娠のために、男性不妊治療(TESE、MESA)が必要であると医師に判断されていること
助成内容
  1. TESE(精巣内精子生検採取法) 1回の治療につき15万円まで
  2. MESA(精巣上体内精子吸引採取法) 1回の治療につき5万円まで
所得制限

夫婦の前年の所得合計額が730万円未満であること(1~5月申請は前々年)

申請時に必要なもの
  1. 岩手県男性不妊治療費助成事業受診等証明書(指定医療機関にて証明)
  2. 指定医療機関の発行した領収書及び明細書(治療期間全てのもの)
  3. 法律上の婚姻関係にあることを証明する書類(住民票で確認できる場合は省略可)
  4. 夫及び妻それぞれの住所を確認できる書類(住民票)
  5. 夫及び妻それぞれの所得課税証明書
  6. その他広域振興局長が必要と認める書類
申請場所

宮古保健所(宮古市五月町1-20 TEL: 0193-64-2218 )

詳細は岩手県男性不妊治療費助成事業のご案内をご覧下さい。

お問い合わせ

生活環境課
電話:0194-34-2111
ファクシミリ:0194-34-2632