避難情報等の発令基準・避難行動に関する情報(H28.12.26改定)

2017年2月21日

避難情報 「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」 「避難指示(緊急)」について

 災害の発生時等において、村が避難情報を発令する場合があります。
 村は、防災行政無線や広報車など、できるだけ多くの手段を用いて村民の皆さんに情報を伝達します。
 避難勧告等が発令された場合には、村民の皆さんは、「自らの身を守る」ために、発令時にはできるだけ速やかに避難行動をとってください。また、危険を感じる場合などは、自らの判断で早めに避難してください。

避難情報とは

 災害時または災害が発生するおそれがある時に、村は村民の皆さんに「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」 「避難指示(緊急)」を発令し、避難を勧告します。
 村民の皆さんは、「自らの身を守る」ために、これらの違いをあらかじめ理解し、迅速かつ適切な避難行動をとってください。

■ 避難指示(緊急)

【発令時の状況】

  • 災害の起こる前兆とみられる現象の発生や切迫した状況から、人的被害の発生する危険性が非常に高いと判断された状況、または、すでに人的被害が発生した状況です。
  • 避難勧告よりも拘束力が強くなります。

【住民にとっていただきたい行動】

  • 避難勧告の発令後で避難中の方は、さらに確実な避難行動をとってください。
  • 発令された対象地域でまだ避難していない方は、ただちに避難行動を起こしてください。
  • 避難行動に移る時間的余裕がない場合は、生命を守る最低限の行動をお願いします。


 避難勧告

【発令時の状況】

  • 通常の避難行動ができる人が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する危険性が明らかに高まった状況です。

【住民にとっていただきたい行動】

  • 発令された対象地域で通常の避難行動ができる方は、指定された避難場所等への避難行動を開始してください。


 避難準備・高齢者等避難開始

【発令時の状況】

  • ひとり暮らしの高齢者や障がいのある方など、避難行動に時間を要する方(災害時要援護者等)が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が高まった状況です。

【住民にとっていただきたい行動】

  • ひとり暮らしの高齢者や障がいのある方など、特に避難行動に時間を必要とする方は、指定された避難場所等への避難行動を開始してください。
  • 上記以外の方は、気象情報に注意をはらうとともに、家族等の連絡、非常用持ち出し品の用意など、避難準備を開始してください。


○避難行動とは

 避難行動とは、災害から命を守るための、次のような行動をいいます。

  1. 指定避難場所、指定避難所への移動
  2. 自宅から移動しての安全な場所への移動(公園、親戚や友人の家など)
  3. 近隣の高い建物への移動
  4. 建物内の安全な場所での待避

関連ワード