机浜番屋群

「机」の地名はアイヌ語のツク・エツ(小山の・岬)が由来。

番屋・サッパ船まつり-1 日本一の海岸美「北山崎」に位置する机浜の番屋群は、海岸から100メートルほど離れた24棟の木造番屋。三陸大津波(昭和8年3月3日)後に建て直され、1戸の幅は標準で約6メートル、奥行きは約3メートル。余った住宅建材等で建てられ、漁の拠点として作業場や漁具置き場、土間などの居住空間がありました。昭和50年代頃までは多くの漁師が寝泊りし、出漁の準備や養殖ワカメの出荷作業に当たったといわれます。漁港や道路が整備されてからは、車で漁具の運搬が可能になり、次第にその機能も失われつつありましたが、村外から「まさに漁村の原風景だ」と絶賛の声が寄せられたことから、再評価や保存への機運が高まり、平成18年には「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」に選ばれました。
 その後、住民と観光客との交流拠点として賑わっていましたが、平成23年3月11日のあの日、東日本大震災による大津波によって、一瞬のうちに跡形もなく流されてしまいました。

 その後、漁村の原風景を取り戻したい。被災地田野畑村の漁村文化を一緒に再生したい。そんな想いを共有できる皆様からの「机浜番屋群」再生プロジェクトへのご支援や国の復興事業により平成26年12月に以前の面影を復元する形で復旧いたしました。
 サッパ船クルージングの発着拠点、塩づくり体験、漁師の食体験、観光ダイビングなど各種の交流活動や体験ができる施設となっています。
(場所:〒028-8402 岩手県下閉伊郡田野畑村机142-3)

■利用料金の減免(還付)申請について

観光交流事業や産業振興及び地域の活性化に寄与すると認められる場合、施設の使用料金を減額又は免除する場合があります。
机浜番屋群施設利用料減免(還付)申請書 (Word 33KB)

【お問い合わせ】
NPO法人体験村・たのはたネットワーク
住所:〒028-8402 岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-10
電話番号:0194-37-1211 ファックス番号:0194-33-3355
ホームページ:http://www.tanohata-taiken.jp/