三陸ジオパークとは

三陸ジオパーク:ロゴ 三陸ジオパークとは青森県八戸市から岩手県の沿岸を縦断して宮城県気仙沼市まで。南北約220km、東西約80kmで、その海岸線は約300kmにもおよぶ日本一広大なジオパークです。2013年(平成25年)9月に日本ジオパークとして認定されました。

 三陸地域では、地球の活動によって形成されたさまざまな自然の造形を見ることができます。これらは太古の時代から続く地球の営みが長い時間をかけて少しずつ造ってきたものであり、今日までの地球の歴史が刻み込まれています。また、三陸地域は、地球活動の歴史を実際に見ることができる地域(ジオサイト)に恵まれています。従来の観光に、地質学、地理学のような科学的視点で学ぶことで、三陸にも新しい魅力が加わりました。

 三陸ジオパークには、48のジオサイトと130ヶ所のジオポイントが登録されています。(2015年7月現在)

詳しくは三陸ジオパーク推進協議会のHPをご覧ください。
http://sanriku-geo.com/

【お問い合わせ】
三陸ジオパーク推進協議会
住所:〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-1230
ファックス番号:0193-64-1234
メール info@sanriku-geo.com