シロバナシャクナゲ群落

花を愛でる、心が弾む

シロバナシャクナゲ群落 ヤマセ(初夏〜盛夏にかけ吹く湿潤な北東風)の影響で、夏でも冷涼な北三陸の海岸線では、本来、高地に咲く高山植物の姿を見ることができます。その中でも、北山崎の断崖に群生するシロバナシャクナゲは、本州の海岸では極めて稀な存在。岩手県の天然記念物にも指定されており、北山崎展望台周辺では6月中旬あたりが見頃となります。