震災遺構「明戸海岸防潮堤」

その姿が語る津波の脅威

震災遺構「明戸海岸防潮堤」 震災遺構「明戸海岸防潮堤」

 津波によって決壊した防潮堤が、被災当時の姿のままに保存されています。
見学路や被災前後や決壊の瞬間の写真を使った解説板が整備され、津波の破壊力や当時の惨状を体感することができ、次世代への震災体験の伝承、住民や観光客の防災意識の高揚にその活用が期待されています。
 遺構施設や周辺の被災エリアでは、地元の住民ガイドが津波体験の語り部(ガイド)プログラムを提供しています。

震災遺構「明戸海岸防潮堤」
場所:〒028-8402 岩手県下閉伊郡田野畑村明戸海岸

※津波語り部・ガイドプログラムについては、下記にお問い合わせください。
NPO法人体験村・たのはたネットワーク 【TEL】0194-37-1211【FAX】0194-33-3355