鵜の巣断崖(鵜の巣断崖展望台)

200m断崖の圧倒的スケール

鵜の巣断崖(鵜の巣断崖展望台) 北山崎とならぶ北三陸を代表する景勝地。足元がすくわれるような圧倒的な高さが特徴で、崖の中腹にウミウの巣があることにその名を由来します。弓状にえぐられた高さ200mもの断崖が5列に連なる様は、さながら巨大な屏風を立てかけたよう。波打ち際の砂浜に現れて消える白波の美しさも印象的です。この壮大な景色をヒントとしたとされる吉村昭氏の「星への旅」の文学碑もあります。島越駅から車で15分。また海岸つたいに島越までの遊歩道が通じています。

鵜の巣断崖展望台
住所:〒028-8405 岩手県下閉伊郡田野畑村真木沢