畠山神社

畠山神社 「義経北行伝説」のルート上にある田野畑村。
 義経の討伐に差し向けられた武勇の誉れ高い畠山重忠の愛馬が脚を折って倒れ、その地に祀られた畠山神社には、馬を失いはずした重忠の鐙(あぶみ)が奉納されていました。その際、馬と鎧兜を埋め、一本の若木を植えたと言われています(現在はその木はなく鐙は田野畑村民俗資料館に保管されています)。

  • 場所/田野畑村浜岩泉237