三好達治詩碑(みよし たつじ・しひ)

 昭和34年8月、詩人の三好達治さんは平井賀漁港を訪れて本家旅館に泊まっています。この平井賀滞在をもとに書かれたのが、「麦の刈られた後だろう...」で始まる「桐畑」という詩です。

三好達治詩碑

場所/岩手県下閉伊郡田野畑村羅賀3(本家旅館内)